病院の中庭です。春には一面タンポポの花が咲きます。当医局が「お花畑」状態という意味ではありません。念のため。

2016年10月23日日曜日

神経発達症の人のための人間関係マニュアル10(L.カナーの成功例04)

ブログ管理担当のまさぞうです。

今日の基準からすると非常に重症の自閉症でありながら,
専門的援助なしで良好な社会適応を果たした
L.カナーの12症例のうち,第4例を紹介します。

症例4:クラレンス・B

クラレンス・Bは1940年6月15日生まれ。ジョンズ・ホプキンス病院の初診日は1945年5月31日(4歳時)。初診時,彼が2年前から通っていた保育所の職員は次のように語った。

 クラレンスは不器用で,背が高く,痩せています。保育所にはいつも喜んで通っているようですが,緊張が強く,特定の行動を繰り返す傾向が顕著です。環境変化に抵抗し,一つのことに集中して周囲の状況に気づかないことが多いです。彼の奇妙な行動(反応)は,知能が低いというよりも性格の問題のように思われます。クラレンスは文字,言葉,時計,絵に興味を示しています。彼は保育所に来てもまっすぐ教室に入ることはほとんどなく,ホールで立ち止まって時計を眺めたり,噴水式水飲み器(drinking fountain)の音を聴いたりして,なかなか先に進めません。この種のこだわり行動はいったん始まると,何日も何週間も毎日繰り返されます。クラレンスは他の子供達にはまったく興味がないようですが,子供たちの名札には強い興味関心を示します。2年前に保育所に入ってきた時,彼はほとんどしゃべれず,時々本の中の絵についてその名前を言おうとしたものの,その言葉はわれわれ職員にはほとんど理解不能でした。今ではクラレンスははっきりと話せます。ただ何か質問されても,それに答えるより,オウム返しに質問を繰り返すことが多いですね。

 クラレンスの妊娠,出産時の経過は正常。運動機能の発達には問題はなかった。初語は2歳時だが,発音は不良。顕著な反響言語(オウム返し)が認められた。母親によると「クラレンスは抱っこされるのがあまり好きではなく,場所・名前・出来事・物語に関して非常に優れた記憶力を持っていた」という。

 小児科的診察では,クラレンスは身体的にはまったく健康であることが示された。6歳4ヶ月時のビネー式知能検査で,精神年齢は5歳9ヶ月。読解力テストでは小学校3年生相当の課題に合格した。

 クラレンスは家族と自宅で生活し,公立学校に通った。ジョンズ・ホプキンス病院受診後は心理学者の定期的なフォローアップを受け,病院に発達の状況が報告された。両親は1951年(11歳時)に次のように語った。「クラレンスはかなりよく適応しています。時には正常な子と同じように見えることもあり,対人関係も大きく進歩しました」クラレンスは沢山の本を読み,話し方もいくらか改善したが,同級生の会話に加わるのは難しかった。特定のテーマへの熱中がみられ,そのテーマは火山→火→病気→突然死→破壊へと順番に変わっていった。両親は一時期兄妹(同胞)間の競争心が強すぎることを心配していた。1954年(14歳時)に中学2年生を優秀な成績(A's and B's)で修了した後,クラレンスは特別教育で有名なデヴルー学校(Devereux School)の夏期キャンプに参加して,よい評価を得た。彼は自分が周囲の仲間たちに受け入れられているかを気にかけるようになり,「対人関係に継続的に大きな努力を払うようになった」という。

 クラレンスは1958年(18歳時)の6月に優秀な成績で高校を卒業した。両親と夏を過ごした後,イリノイ州の大学に入学。そこを1962年(22歳時)に学位(B.A.)を得て卒業した。大学在学中には1人の女性と一時期「社会化(socialized)した」(交際した)という。その後奨学金を得てマサチューセッツ州の大学に進んだが,孤独感に悩まされ,学位論文は帰郷して書くことになった。こうして経済学の修士号を取得した後,クラレンスは出身州の大学で会計学を学んだ。その後彼は州政府の都市計画局に就職すると,都市計画について学ぶことにした。そしてその分野で修士論文を書くまでには至らなかったものの,それ以外の全ての修士の要件を満たすまで勉強したのである。

 クラレンスは管理職としての業務をうまくこなせず,1970年(30歳)の10月に退職することになった。1年間は新聞配達の仕事をして過ごした後,ようやく彼はその高等教育に見合う仕事,つまり年収7500ドル(1971〜1973年は1ドル=308円)の会計士の仕事に就き,現在(1972年32歳時)まで働いている。クラレンスは自分でアパートの部屋を購入し,生活上特に問題はない。強迫的に人づきあい(social contacts)を求める傾向があるが,社会性のレベルは「対人関係は不器用だが,表面的には適応している」といったところである。彼は困った状況になると,「僕は何か変なことしてない?(What  am I doing wrong?)」と周囲の人に尋ねる。彼は一時期ある女性と交際したものの,約9ヶ月後に別れることになった。自分は結婚すべきだが,「真剣でもない女性に無駄にお金を使いたくない」と語っている。クラレンスは車を運転するのが好きで,鉄道の時刻表収集を趣味にしている。

 クラレンスの姉妹の1人は教育学の修士号を持っており,別の姉妹は美術史学の修士号を持っている。彼女たちは2人とも結婚していて,そのうち1人には4人の子供がいる。クラレンスはこの子供たちと遊ぶのが好きで,「クラレンスが床に寝そべると,子供たちは彼の上で這いまわるんです」とのことである。

2016年10月1日土曜日

神経発達症の人のための人間関係マニュアル09(L.カナーの成功例03)


ブログ管理担当のまさぞうです。

今日の基準からすると非常に重症の自閉症でありながら,
専門的援助なしで良好な社会適応を果たした
L.カナーの12症例のうち,第3例を紹介します。

症例3:エドワード・F

エドワード・Fは1939年10月11日生まれ。ジョンズ・ホプキンス病院の初診日は1943年11月15日(4歳時)。母親によるとエドワードは発達に遅れがあり,とても引っ込み思案だという。

 エドワードは自分一人の世界に入っているのが好きだった。家族の他のメンバーを認識するのに生まれてから約3年かかっている。彼の行動には高度なパターン化が認められた。例えば電柱を見ると必ずそれに触りたがり,次に棒を電柱に立てかけて,その周囲を繰り返し回って歩く。言語能力には偏りがみられ,理解が苦手で,話すのは比較的得意だった。

 初診時エドワードは2人兄弟の次男だったが,その後さらに2人の弟が生まれた。父親は「心配症」の弁護士で,エドワードが生まれた時34歳であった。彼はこの年「仕事に関する不安,失敗するのではないかという恐怖,夜間のパニック発作」のために精神科を受診している。エドワードの父親は「政治,世界の出来事,ハイキング,登山」に熱中していた。エドワードの母親は,夫と同じく大学卒で,夫より2歳年下。26歳で結婚するまでソーシャルワーカーとして働いていた。性格は「人間に興味があり,バランスのとれた性格。ただ論理的すぎるかもしれない。物事の判断にあたっては必ず4つから5つの理由を列挙する傾向がある」。エドワードの兄は健康で社会適応は良好であった。

 エドワードの外見はほっそりして,魅力的であり,いきいきとした黒い瞳はとても賢そうに見えた。診察室に入るとすぐにクレヨンと紙を見つけて,それに没頭した。母親にいわれてエドワードは自分が持ってきた本を読んでくれたが,そのやり方は,知っている言い回しを何度も繰り返し,それに自分で作った新しい言葉を散りばめて使うというものであった。その後,エドワードは鉛筆でクリニックの秘書の脚を突こうとしたが,かわされると今度は紙袋を攻撃した。彼は自分よりずっと年下の子供向けのゲームに熱中していた。

 エドワードは予定日より約3週間早く生まれた。出生時体重は5ポンド14オンス(約2665g)で,「手の爪が完全には発達していなかった」という。両親は彼の誕生を喜んだが,赤ん坊は「いつも元気がなかった(never very active)」。母乳の飲み方は弱々しく,周囲に関心を示さず,全体に無気力であった。生後4ヶ月で次のように普通の子供との違いが明らかになってきた。「抱き上げられると,だらりと弛緩する。出生時からずっと『生きよう』とする気力が感じられない」。

 エドワードは生後7ヶ月で座り,始歩は20ヶ月。「歩き始めた後でもハイハイをしたがる。足は偏平足で,矯正用の靴を履き,酔っ払った水夫のような歩き方で歩く」。手足の細かい運動は比較的得意だが,体幹部の大きな動きは苦手であった。言語能力の発達は遅く,しかも通常とは違うパターンであり,ようやく話し始めた内容もオウム返しが主体だった。排便コントロールは比較的早期に達成され,昼間の尿失禁は3歳までになくなった。

 エドワードがまだ幼いうちから母親が仕事を再開したため,母方祖母と家政婦がエドワードの世話をすることになった。この2人はエドワードに辛抱強く接したという。エドワードが4歳でジョンズ・ホプキンス病院を初診した時,母親は息子のことを心配して仕事を辞めており,その後エドワードは母親への愛着を形成できるようになった。

 5歳の時,エドワードは幼児自閉症の研究施設であるヘンリー・フィップス精神科クリニックに数ヶ月間入院した。エドワードは当時自分が入院していることに気づいていないようにみえたが,後に「他の子供が怖かった」とイヤな思い出を語った。

 6歳の時,エドワードは幼稚園に入った。そこでは理解ある先生が,エドワードのその時の状態によって,集団活動に参加するか,独りで遊ぶかを柔軟に判断してくれた。母親は息子の進歩を喜んで,次のように言った。「あの子はしゃべり,遊び,他の子達と同じように見えました。ただ社会性には問題があり,興味関心の範囲は狭く,学習の速さやパターンは普通とは違っていましたけれど」。全体にエドワードは「発達は明らかに遅れているが,一緒にいて楽しい子供」というレベルに達していた。

 7歳の時,エドワードは小学校の特殊学級に入学し,そこで2年間を過ごした。担任の教師は専門的訓練は受けていなかったが,共感的で,熱心であり,家族によればエドワードの成長に決定的な役割を果たした。最初はなかなか言うことを聞かなかったけれど,エドワードは2年間で大きく成長した。罰として1日間の自宅謹慎を命じられた時,エドワードは「要領をつかんだ(got the point)」らしい。2年間を特殊学級で過ごした後,エドワードは校長の許可を得て,普通学級の2年生に編入することになった。そこで1年間非常によくやったので,翌年エドワードは飛び級で4年生に進級した。その後エドワードは社会性の問題を抱えながらも,学業面では他の子供たちに比べてまったく遜色なく過ごすことができた。ただボーイスカウトで適応することは難しかった。

 エドワードはいつも音楽が大好きだった。12歳の時,音楽のレッスンを受けて作曲の素質を見出されたが,高校生活ではそんな余裕はないだろうと自ら音楽の道をあきらめ,両親をがっかりさせた。この頃,強迫傾向はあまり目立たなくなっていたものの,強迫観念(fixed ideas)は残っていた。

 エドワードが13歳でジョンズ・ホプキンス病院を再診した時,彼は公立学校の8年生(日本の中学2年生相当)で,学業成績は中くらいだった。ただ対人交流には大きな困難があり,自己表現のやり方は奇異,自分をとりまく社会的状況を正しく理解するのは非常に苦手だった。

 1970年に母親はジョンズ・ホプキンス病院へ手紙をくれた(エドワード31歳時)。それによるとエドワードは周囲の予想よりもずっとうまくやっているという。エドワードは19歳で高校を卒業し,大学への進学を希望した。母親はおそらく他の家族と同じようにしたいという思いがこの進学希望につながったのだろうと考えていた。種々の(心理)検査が行われ,言語性能力(verbal)は優れているが,動作性能力(performance)は普通という結果が得られた。エドワードは大学入試に挑戦して州立大学に入学し,園芸学を専攻した。しかし化学の成績が悪かったため,歴史学専攻に切り替え,5年間かかって学士号(B.A.)を取得した。大学在学中,エドワードは学生寮に入っていたが,長続きする友達は一人もできなかったという。

 大学卒業後,エドワードは園芸関係のよい仕事を得たものの,うまく適応できず,退職を余儀なくされた。この出来事は彼を非常にがっかりさせた。その後1970年までの数年間,エドワードは政府関係の農業研究所で肉体労働に従事している。彼はこの仕事があまり好きではなく,もっと「教養ある人達」と交際したいと望んでいる。エドワードは自分のアパートを所有し,余暇にはステレオセット(Hi-fi set)で音楽を聴いて楽しむ。お金を貯めて車を買うこともできた。ハイキングクラブに所属しており,時にはリーダーとして徒歩旅行を企画引率する。植物や野生生物に関する知識で周囲から尊敬され,最近では女性とのデートもはじめた。時間のあるときは週末に実家を訪れ,家族からは大いに歓迎されている。

 母親は手紙にこう書いている。「私たちがエドワードのために,エドワードと一緒に,彼のあらゆる人生の段階で工夫しなければならなかった全てのことを記録したら,何冊もの本ができ上がることでしょう。でも今やエドワードは経済面でも生活面でも完全に自立しています。私は彼が自分の人生を楽しんでくれていると確信しています」